このブログは私(290)の乱れた、特にアニメ、ゲームを中心とした生活をさらけ出すブログです。
マリみて | 未分類 | アニメ | ゲーム | 雑記 | 格ゲー | バトン | コミック | 
今週の声優ランキングw

1:井上麻里奈 6:下野紘
2:中原麻衣   7:堀江由衣
3:加藤英美里 8:小西克幸
4:新谷良子   9:田村ゆかり
5:清水香里  10:豊口めぐみ
以下多数w (敬称略)

FC2カウンター
リンク
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
熱くて死ぬぜ!
≪2017.10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.12≫
プロフィール

290

Author:290
オッスおら290!
いっちょやってみっか!
的なノリで毎日を過ごしています
わけわかんないことしか書いてませんが、
適当にあしらってやってくださいw

ちなみにメッセとmixiのアド貼っときますんで

メッセンジャー
mimiga_tiger@hotmail.com

mixi
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=6098145

です。気軽に登録してください!
後相互リンクも随時募集中です。

応援!

marimite-b.gif

BANNER

myばなー

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2007.01.18 Thu
崩す必要なんかないんだよおぉぉ
前回はなんか重い文章を書いてしまって、
「こいつ、頭大丈夫かよ?」
みたいな空気になったのでw
今日は俺らしく(?)格ゲーの話をしたいと思います。

ということで、稼動からまだ一ヶ月と経ってませんがアルカナハート暫定まとめをしてみたいと思います。
何故かというと、ちょっとアルカナのモチベが低くなってきたので、
システム面を見直すことで新たな発見が出来ればいいなと思いましてねー。
基本的に各種通常技のリーチが短かい。(カムイ・キラを除く)
と、いうよりは画面が広すぎる。
そのせいか牽制技が振りづらい、というかカムイ以外のキャラに牽制が存在するのか・・・

基本的にジャンプ軌道が高くゆるやかで、空中ダッシュも移動距離が長いので、
ジャンプ防止技が少ない、というかキャラによっては存在しない(TоT)
なので、格ゲーの基本の、

 ・ジャンプ攻撃に対してのジャンプ防止技
 ・ジャンプ防止技に対しての足払い
 ・足払いに対してのジャンプ攻撃

という三すくみが成立しない。
メルブラにも言えたことだがアルカナの方がさらにキツイ。

さらに対空攻撃がほとんど空中ガード可能で、広い相殺判定を持っているので、ジャンプ攻撃がホントに落としづらい。
見え見えのジャンプ攻撃に昇竜出して相殺とられて乙ったことが何度あったかOTL
まぁ相殺後は5分の状態なので読み合いが発生すると思えばまだいいんですがね。

ただ現状では、相殺起こったの見たら無敵技ぶっぱ!
っていうやつが多いし、やっかいなことにこの行動が非常に安定します。
ほとんどの場合はバックステップで対処できるんでしょうが、まだ咄嗟に反応できず無敵技を食らったり、再度相殺なんてことが多いので要練習だと思います。
このゲームはでは相殺を如何にいなせるかが鍵となってきそうなので、しっかりと考えてやりたいですね。

地対空がきびしいなら空対空はどうかというと。
これはなかなかにバランスが取れていると思います。
各キャラ毎に、これさえ出しておけばいい!
というジャンプ攻撃がなく咄嗟に使い分ける必要があるので、そこは楽しい部分ですね^^

しかし、空対空でも相殺がしばしば起こります。
この場合はバックステップが不可能なので無敵技ぶっぱなしたやつの勝ちですね´^ิ^ิ`
空中4Dですかせる場合もありますがリアファイルとか出されるともう見てらんない!
ホント誰か対策教えて・・・

固めですが、基本的に横押しの攻撃が多く、それとホーミングキャンセルを使っての連携が強いです。
ただ、強いと言ってもそれで相手を崩せるわけではありません。
単に自分のターンを維持しやすいというだけです。

このゲーム自体動作が遅く、すかし下段などは余裕で見えますし、
空中攻撃以外の中段がほとんど無いので(確か1,2個しかなかったような・・・)
単なる横押しだけではガーキャンや暴れから反撃を食らってしまいます。

そこはアルカナ必殺技を駆使して崩しに行くのが常套手段ですね。
実際闇のアルカナを絡めたガード不能連携なども既に見つかっていることですし^^;

ただ、それだと起き攻めや画面端に限定されることが多いので、流れから相手を崩す方法を模索した結果、
ホーミングを使っての頭上からの左右二択に行き着きました。
・・・とか言ってますけど、よく考えたらこっちの方が常套手段でしたねw
ただ、現状あまり使っている人がいないです。
大抵の場合ホーミングゲージはコンボやガーキャン、隙消しに使用されているので、あまり頭上からの崩しを見たことがありませんね。

頭上からの崩しが強いと思う理由ですが、
まずこのゲーム、真上に強い通常技が少ないことがひとつ。
よって暴れを食らいにくく、低空ダッシュ攻撃でとは違って潰されにくい。
もうひとつは、キャラ毎に違いはあるものの、基本的に背面のやられ判定がでかい、つまりは"めくられ判定"が大きいということです。
よってめくりやすい。
さらにはホーミングを使うことによって、ふわふわ、ふらふらと見切られにくい表裏二択がかけられます。

実は札幌で、一人それを使った上手い連携や起き攻めを実践してる方が一人いたんですよ。
その人と対戦してるときはすごい面白かったですね!
あんなに綺麗に崩されることはこのゲームではなかったんで、負けてもすごいスカッとしましたw

某有名プレイヤーの方なんですが、流石でしたね。
ああいうプレイヤーが増えて欲しいなぁとつくづく思いましたねー。
自分もその動きを見習いたいと思いまして、練習がしたいんですが、
対戦が出来る環境にいるとつい連コしちゃって^^;
さらには明らかにワンパなプレイに負けるとどうもムキになっちゃいますねー°_°;

余談ですが、先日格ゲーやってて初めて
「フルボッコにしてやんよ!」というセリフをリアルで吐いてしまいましたw

それはともかくホントにもっとCPU戦を極めなきゃね。
コンボもちゃんと状況ごとに一番効率のいいコンボを探していかないと。

・・・と、いうわけでみんな俺がゲーセンにいるときはなるべく来ないでねw
まぁ無理な話ですね。
今度は朝一で行くしかないかなぁ・・・

えー、だいたい俺の書きたいことは書きましたかねー。
現状だとホントにワンパ暴れぶっぱ連打厨が多いし。
さらにそういう行動が強いと思われてるので、そういう勘違いを無くせるよう自分は立ち回っていきたいです。

ちょっとアルカナに絶望してギルティに逃げようかなとも思ってますが、もう少し頑張っていこうかなー。
ただ闘劇を目指すかどうかは微妙です^^;


後述
 アルカナに慣れると、他のゲームでも画面端背負った状態でめくられると思ってしまう。
 ギルティとメルブラで間違って逆ガード入れて何度かフルコン食らいましたw
スポンサーサイト

テーマ:格闘ゲーム - ジャンル:ゲーム
格ゲー    Comment(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。