このブログは私(290)の乱れた、特にアニメ、ゲームを中心とした生活をさらけ出すブログです。
マリみて | 未分類 | アニメ | ゲーム | 雑記 | 格ゲー | バトン | コミック | 
今週の声優ランキングw

1:井上麻里奈 6:下野紘
2:中原麻衣   7:堀江由衣
3:加藤英美里 8:小西克幸
4:新谷良子   9:田村ゆかり
5:清水香里  10:豊口めぐみ
以下多数w (敬称略)

FC2カウンター
リンク
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
熱くて死ぬぜ!
≪2017.08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.10≫
プロフィール

290

Author:290
オッスおら290!
いっちょやってみっか!
的なノリで毎日を過ごしています
わけわかんないことしか書いてませんが、
適当にあしらってやってくださいw

ちなみにメッセとmixiのアド貼っときますんで

メッセンジャー
mimiga_tiger@hotmail.com

mixi
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=6098145

です。気軽に登録してください!
後相互リンクも随時募集中です。

応援!

marimite-b.gif

BANNER

myばなー

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2007.01.16 Tue
貴方がいたから私になれた
え~、遅ればせながら前クールで放送終了分のアニメの好評をばしたいと思います^^;

自分が最後まで観賞できたのは結局のところ3つですかね。
最初は結構たくさん見てたんですが・・・
どうも見るに耐えない作品がいくつかありましてね、
例えば、夜明けまえより・・・いや、ゲフンゲフン

それはおいといて、その3つは最終的にどれも良アニメに落ちついたんじゃないかと思います。
あくまで個人的主観に基づいた評価ですが^^;
まぁ、一つづつまとめてみますか^^
・乙女はお姉さまに恋してる
 20070116020230.jpg
 ストーリー:★★★
 作画:★★★★
 演出:★★★
 音楽:★★★
 ノリ:★★★★★
 萌え:ツンデレ、女装、しまぱん等多数
                            総合:★★★★

 12話という限られた範囲で上手くまとめられた作品でした。
 元がギャルゲーなだけに萌え度を高めて作られていますが、
 それ故に作画のクオリティーもある程度は高いです。
 
 お話の展開の仕方も緩急がしっかりついていて飽きさせませんし、
 キャラクターの感情表現も喜怒哀楽がしっかり出ていてGOOD!
 一番難しいお話の終わり方も、万人に受け入れられる無難なつくりでした。
 (これは褒め言葉ですよ^^;)

 主要メンバーとOPに"Alice5"を起用し、
 EDに絶賛売出し中w の"榊原ゆい"を起用。
 両曲とも作品の世界観にあっており音楽面でも不満はありません。

 欠点といえば、メッセージ性の薄さと、軽すぎるノリといったところでしょうか、
 ただ、このアニメは基本萌えアニメなので、そんな事を期待しても意味が無いので問題は無いと
 思います。
 
・くじびきアンバランス 
20070116021907.jpg
ストーリー:★★★
作画:★★★
演出:★★★★
音楽:★★★★
ノリ:★★★
萌え:幼馴染、ロリ、眼鏡等多数
総合:★★★
個人的評価w:★★★★★

 スタッフの、「この作品を良い作品にしよう!」という思いが伝わってくる作品でした。
 設定が綿密に作られているだけあって、お話やキャラクターのバランスはなかなかの出来。
 ストーリーが進むごとに徐々に面白みが出てくるという「噛めば噛むほど味がでてくる」的展開は
 新鮮でした。

 ただ、綿密に作られてるが故に、無理にその設定を活かそうとして
 無駄になってる部分があったように思います。
 
 作画は大きな乱れがなく毎回安定したレベルをキープ。
 キャラクター原案の"八雲剣豪"氏のテイストを残しつつ、
 大衆受けしやすく書き起こされたキャラクターや、
 古き良き明治・大正風の背景等が温かみを醸し出していました。

 音楽も作風に沿った出来で、自然な感じを演出。
 EDは"藍ぽん先輩"w と"小清水亜美"の人気声優ツートップが担当。
 ちょっとフォークソングっぽい雰囲気が作品とマッチして非常に良かった!
 ただこの曲、単品で聞くとちょっと微妙なんですが^^;

 物語の奇抜さゆえに、作品に親しみにくかったのが欠点かな。
 後は、終わり方が人によっては中途半端だという見方もできるかも・・・
 後半上り調子だっただけに、もう1クール出来ていたらもっと良い作品になったかも。

 個人的には「仲間を大切にしよう」とか「一度決めたことはあきらめずに頑張ろう」
 みたいな、"空気"が伝わって来て非常に好きな作品なんですがねぇ。
 いかんせん、第一印象が良くなかったかな^^;

・砂沙美魔法少女クラブシーズン2
20070116030443.jpg
ストーリー:★★★★★
作画:★★
演出:★★
音楽:★★★
ノリ:★★
萌え:これはそういうアニメではない!
総合:★★
個人的評価:★★★★★

 最初に断っておきますが、このアニメは大きいお兄ちゃんが見るアニメじゃありませんよw
 そういう人たちが見た場合はただのネタアニメになりますw
 総合的な評価が低いのはそのためです。

 じゃあなぜ個人的評価が高いかというと、
 すごく真面目な理由なんで恐縮ですが、
 非常に教育上よろしいアニメだからです。
 以下は、このアニメの公式ページからの引用ですが、

 『「あなた」に会えたから・・・「わたし」になれた。

  これは心理学で言う「関係性」を意図したセリフです。
  今の時代、周りを見廻せば・・・インターネットで悪口を書かれればカッとなったり、
  仲間がいれば自殺でもしかねない。
  「大切な自分」がまったく見受けられない「根無し草」のような事件が起きることが
  驚きに感じなくなっています。
  こんな時代だからこそ、子供たちには「大切な本当の自分(自我)」
  を発見させてあげる手助けが必要なのではないでしょうか。
  「あなた(他者)と出会って私(自我)を見つける」お手伝い・・・。
  この物語の主人公・砂沙美はそんなお手伝いをしてくれる「素敵な友達」として
  TVの前の子供たち、
  そして「砂沙美」を応援してくれる多くのファンのみなさんにお届けします。』
 

 前置きが長くなりましたが、つまりはそういうことです。
 いつもは、ふざけたことばかり書いて、
 この年にもなってアニメやゲームばかりやってる自分ですが、
 一人の大人として、この国や子供たちの未来を憂うこともあるわけなんですよ。

 そんな中でこの作品は、私が子供達に伝えたいことの一端をアニメというメディアを通して
 伝えようとしてくれているではありませんか。

 正直アニメでそんなことが出来るのかとも思いましたが、
 最後までこの作品を見てみて、しっかりと上記のメッセージを受け取ることが出来ました。
 
 この様な視点でアニメを見たのは初めてですが、
 アニメを通してメッセージを伝える事の重要性と有用性を改めて実感できました。
 
 以上が、個人的評価が高い理由ですね。
 作画や演出などは察してくださいw
 これは見るべき場所が違うアニメなのですから。
 いや、これがアニメの本来あるべき姿なのかもしれませんね・・・

ちょっとしんみりしちゃいましたが、こんなもんですw
結局何が言いたかったかというと、

私自身そろそろ就職活動を本格的に始めなきゃいけない時期なんですが、
本当にアニメやゲーム関係の仕事を選んでいいものかと悩んでいました。

だけど、これで吹っ切れました。
こんな分野でもしっかりと、「伝えることが出来る」
自分を、しいては人を高めることが出来ることがわかりました。

ならばこの道を突っ走りましょう!
どちらにせよ自分はこの世界から逃げ出すことなど出来ないのですから。

以上が本日の駄文になります。
長文お目汚し申し訳ありませんが、私の伝えたかったことを書かせてもらいました。


 
スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック
アニメ    Comment(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。