このブログは私(290)の乱れた、特にアニメ、ゲームを中心とした生活をさらけ出すブログです。
マリみて | 未分類 | アニメ | ゲーム | 雑記 | 格ゲー | バトン | コミック | 
今週の声優ランキングw

1:井上麻里奈 6:下野紘
2:中原麻衣   7:堀江由衣
3:加藤英美里 8:小西克幸
4:新谷良子   9:田村ゆかり
5:清水香里  10:豊口めぐみ
以下多数w (敬称略)

FC2カウンター
リンク
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
熱くて死ぬぜ!
≪2006.08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2006.10≫
プロフィール

290

Author:290
オッスおら290!
いっちょやってみっか!
的なノリで毎日を過ごしています
わけわかんないことしか書いてませんが、
適当にあしらってやってくださいw

ちなみにメッセとmixiのアド貼っときますんで

メッセンジャー
mimiga_tiger@hotmail.com

mixi
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=6098145

です。気軽に登録してください!
後相互リンクも随時募集中です。

応援!

marimite-b.gif

BANNER

myばなー

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
「 2006年09月 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2006.09.22 Fri
最近の格ゲー事情
今日ゲーセン行ったら旋光の輪舞SP幽遊白書仁義ストームが入ってた!
センコロはまぁいい感じに見えたけど、幽白と仁義ストームはたいして面白そうに見えませんでしたわ^^;

仁義ストームの方は脱衣要素が無くなって普通の3D格ゲーになったわけだけど、
3Dで純粋に格闘の分野で面白さを追求すると、今現在はバーチャ5を超え無い限りは客はつかないと思う・・・

格ゲー界に旋風を巻き起こすことを期待されてたゲームだけに脱衣要素が消えたことは残念ですw
まぁ、冷静に考えて脱衣は無理か^^;

幽遊白書も3Dだが、コチラはバーチャや鉄拳とは違ったシステムで、必殺技ゲージというものがあった。
これを消費することで必殺技を打てたり、本気モードになったりするらしい、
すなわち3Dと2Dの要素が混ざったゲームですね。

正直これならKOFマキシマムインパクトシリーズの方が面白いと思いました。
あれはアーケード化していないのが惜しいほど良作品だと思うけど、
幽遊白書は見た感じ家庭用で出した方が良かったのではないかという感じでした^^;

というわけで、俺としては両方やる気はないで~すw
でも、北斗も稼動当初は劣化版ギルティとか言われてあんまし人気が出なかったけど、現在でも結構ユーザーはいるし、俺的にも結構面白いと思います^^

だから両作品ともこれからの展開次第かな~。
幽遊白書は原作人気もあるし、システム面が熟知されて来れば面白くなる要素はあると思うんだけど、
仁義ストームは無理っぽいかな^^;
せめて女キャラが使用できたならまだ救いはあったと思うけど・・・


新作の話はここまでですねー、
こっからは俺の地元での戦績っつーか自慰ですw
なので見たい人だけお願いします。
→続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:格闘ゲーム - ジャンル:ゲーム
格ゲー    Comment(0)   Top↑

2006.09.18 Mon
勘違い
はいはい、実家帰ると以外に忙しい日々が続いてろくに日記を更新できない僕が来ましたよw
あんまり更新しないとどんどんやる気がなくなってくんでどうでもいい事書きます。

あのですね、"落合祐里香(おちあいゆりか)"って声優さんいるんですけどね、
私ついさっきまで落合祐香里(おちあいゆかり)だと思ってましたOTL

なんかみんなが"ゆりしー"、"ゆりしー"言ってるから何かおかしいなーとは思ってたんですけど。
さっき偶然この人がパーソナリティーやってるラジオ聞いてたらさ。
祐香里じゃなくて祐里香でやんのw

ホントどうでも良かったね。
これだけじゃ申し訳ないから、ちゃんと日記書くわw

昨日は旭川方面へちょいと観光しに行きました。
最初は当別ってとこで北海道唯一の鍾乳洞に行ったんだけど、そこはまぁ普通かな^^;
中はひんやりしてて気持ちよかったです。
むしろそこの駐車場にあった岩に刻まれてた文字に僕は釘付けでしたw

20060917113301.jpg  20060918014011.jpg

んでその後に天人峡ってとこ行って滝を見てきました。
ちょっと山道を歩いて行ったんだけどこれは結構感動した!
普通に川も景色も綺麗だし、なんか自然に出来たとは思えない様な不思議な岩もあった。

20060917135007.jpg  20060917140812.jpg

携帯で撮ったからあんまし綺麗に写ってないけど。
ここは超オススメスポットだわ!
滝だからマイナスイオンもたっぷりw
足は多少疲れるけど心は癒されました^^

その後は旭岳のロープウェイに乗ろうとしたんだけど、天気が悪かったのでパスして帰宅ー。
丸1日かかったけどいい旅してきたー!って感じでした。

ほっほっほ、今日はあんまヲタクっぽくないねー( ̄ー ̄)
これじゃ俺らしくないから最後にネタふっとこうか?

家族で車に乗ってるときにラジオで"林原めぐみの東京ブギーナイト"って番組流れたんだけど、
そのとき俺が、「あっ、このパーソナリティの人有名な声優さんなんだよ!」と言ったら、
親に、「ふーん、何のアニメに出てるの?」と言われたんで答えようと思ったら・・・

マニアックなアニメのキャラしか浮かんできませんでしたOTL
リナ・インバースとか綾波レイとか言ったってわかんねーだろうし、灰原哀も微妙w
しょうがないから乱馬1/2の女乱馬って答えたけど知らないって言われました^^;

林原さんって実はあんまし大衆受けするアニメにでてないのかね~。
有名だと思ってもやっぱりそれはヲタク業界の中だけのことなのかな~、と思いました。


テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ
雑記    Comment(2)   Top↑

2006.09.06 Wed
Kanon PRELUDE
Kanon PRELUDE 見ましたー。

snapshot20060906042118.jpg

見た感じすごく良かったです!
アニメーションはOP、EDとプロモーションクリップが三つだけでしたけど、しっかりとKanonの世界観が出ていました。

キャラも動く動くw
しかもちゃんとキャラ毎の特徴を活かした動きが出ていてvery goodです。

OPとEDも気合入ってました。
お気に入りのカットを以下に、

snapshot20060906041056.jpg  snapshot20060906041159.jpg

左の絵は原作にもあった有名なワンシーンですね。
名雪が非常に綺麗に書かれていて良いです(≧∇≦)v

右の絵は真琴が鈴の音に耳を傾けているところなんですけど、
このシーン見てるとその先の展開が浮かんできてそれだけで泣けてきちゃいます。
(原作では真琴シナリオは相当泣けるお話に仕上がってるのである)

snapshot20060906041218.jpg  snapshot20060906041223.jpg

この二つは個人的に好きな絵ですね^^
佐佑理さんはもう完璧なほどに可愛かったからw
秋子さんは個人的にツボだからですw

えっと、それでアニメ本編への希望なんですが、
私はKanonでは好きキャラがちょくちょく変わるのですが、
今は水瀬親子がお気に入りです。
ということでアニメでは名雪ルートキボンヌなのですが・・・

やっぱりあゆがメインなんですかねー?
あゆも以前はかなり好きだったんですが、

snapshot20060906041929.jpg  snapshot20060906042005.jpg

はい、子供にしか見えませんねw
そこがあゆの魅力なんでしょうが、私的にストライクゾーンから外れているので^^;

後は声優ネタなんだけど、
栞の声が小西さんじゃないのはしょうがないとして、
祐一の声優が私市さんじゃなくなってるのはちょっと驚いたかな。

新しい声優さんは杉田智和さん
この人は涼宮ハルヒの憂鬱でキョンの声やってた人でちょっと三木さんっぽい声に聞こえる。
個人的には私市さんよりも祐一っぽいとは思うけど、
すでに祐一=私市みたいな感覚の人って多いと思うから、これは結構大胆な人選だと思った。

なんにせよ、PRELUDE見て更にアニメへの期待が高まった!
葉鍵っ子のオイラとしては楽しみで仕方がないさー(゚∀゚)


追伸:今日のMVP

snapshot20060906041630.jpg

まこぴー最高!w

テーマ:アニメの感想・キャプ - ジャンル:アニメ・コミック
アニメ    Comment(0)   Top↑

2006.09.05 Tue
ヒビキのマホウ
今日は漫画の単行本の紹介です。

ヒビキのマホウ(1) ヒビキのマホウ(1)
依澄 れい、麻枝 准 他 (2005/08/10)
角川書店

この商品の詳細を見る

これは、"Kanon"や"AIR"等のシナリオを手がけている"key"の"麻枝准"氏が学生時代に書いた短編小説を元にした作品で、keyの作品の原点ともいえる作品だそうです。
しかも漫画を描くのはkey作品のアンソロジー作家としては有名な"依澄れい"氏。

この二人が組んでいるのなら買わざるを得ないでしょう!
ってことで買ってきました。
と言ってもこの作品のことについて知ったのはつい最近なんですけどね^^;

舞台は近代ヨーロッパといった感じです。
魔法使いが存在し、一般に認知されている世界。
魔法はとても強大な力ですが、使役するには大きな代償を必要とします。

主人公である"ヒビキ"は高名な魔法使いの助手ですが、彼女自身は魔法がまったく使えません。
そんな彼女が、ひょんなことから魔法学院の先生となってしまいます。
魔法が使えないながらも一所懸命努力するヒビキ。
しかし、そんな彼女の前に次々と問題が!

第一巻を見る限りでは、そういったお話でした。
本当はヒビキにはある重要な目的があるのですが、それは実際にこの本を読んでわかって欲しいのでこの場には書きません。

べっ、別に私の語彙では上手く内容を説明できないわけじゃないんだからね!w

まぁ、それはともかくとして、この作品は麻枝氏らしく暖かい、アットホーム的な表現も多く。それに依澄氏のやわらかい絵も手伝って、非常にほんわかとして心が癒される感じの漫画になっています。

私的には非常にお勧めの一冊です。
特に、これからkeyの作品に触れてみようと思ってる方にはちょうどいい感じに仕上がってると思います。
もうすぐKanonの新アニメも始まることですし、これを機会に買ってみてはいかがですか?w

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック
コミック    Comment(0)   Top↑

2006.09.03 Sun
アニメ感想:カレイドスター Legend of phoenix~レイラ・ハミルトン物語~
はいはい、久しぶりのアニメ批評ですよ。
今回はOVA、
"カレイドスター Legend of phoenix~レイラ・ハミルトン物語~"
を見ました。
といっても実はこれが二回目なんですが^^;

OVA カレイドスター Legend of phoenix~レイラ・ハミルトン物語~(通常版) OVA カレイドスター Legend of phoenix~レイラ・ハミルトン物語~(通常版)
佐藤順一、 他 (2006/01/27)
ビクターエンタテインメント

この商品の詳細を見る

ということで、この先はネタバレを含むので注意。さらにはカレイドスターを見たことがある or カレイドスターに興味がある人以外はよくわかんないと思うので見たい方のみどうぞ^^

→続きを読む

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック
アニメ    Comment(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。